ビッグローブ光の料金・キャンペーン・口コミでの評価はどうなの?

ビッグローブ光の料金・キャンペーン・口コミでの評価はどうなの?

2015年に光コラボ(正式:光コラボレーション)のサービスが開始され、5年経った今では事業者が500社とも言われるまでに増加。

そんなに数が多いと、『どこのインターネットが良いんだろう?』と悩んでしまいますよね。

ドコモ・ソフトバンク・auといった携帯大手3キャリアも光回線を提供し、且つ、自社スマホとのセット割引を行っていることから、今ではご自身が使っているスマホのキャリアをベースにインターネット(光回線)を選ぶ方も増えてきました。

普通に考えると、「同じキャリアのスマホと光回線でしかセット割引が組めない」と思ってしまいがちですが、実は、「必ずしもキャリア同士でなくてもセット割引が組める」のです。ドコモスマホはドコモ光のみですが、ソフトバンクスマホならソフトバンク光やNURO光、auスマホならauひかり・ビッグローブ光・so-net光、さらにはコミュファ光やメガエッグなどの地域限定の電力系光回線などともセット割引が組めるのです。

auスマホとのセット割引が組める光回線の中の1つである「ビッグローブ光」は、フレッツ光やauひかりなどの光回線においてプロバイダ(BIGLOBE)提供していることから、耳にしたことがある方も多いと思います。

そこでこの記事では、BIGLOBEが提供している「ビッグローブ光」についてご紹介していきたいと思います。

ビッグローブ光とは?

そもそも「ビッグローブ光」とは、2015年から開始されている光コラボの一つです。

「光コラボ」は、NTTのフレッツ光回線をBIGLOBE・ソフトバンク・ドコモ・so-netといった事業者が卸し受けて、自社のサービスなどと一緒に提供するサービスのことです。

「ビッグローブ光」は、フレッツ光を始め、auひかり、ドコモ光など、様々な光回線にプロバイダ(BIGLOBE)提供している大手の事業者です。また、光回線の他にも、ビッグローブ光電話、ビッグローブ光テレビ、BIGLOBEモバイルなど様々なサービスを提供しています。

ビッグローブ光の主な特長として

  • 他社よりも月額料金が安い
  • 3年プランは月額料金が安く移転工事費が何度も無料
  • auスマホとのセット割引が組める
  • IPv6接続が可能

という4点が挙げられます。

ビッグローブ光の月額料金はフレッツ光や他の光コラボと比較しても安く、ファミリータイプは4,980円、マンションタイプ3,980円で利用できます(3年プランの場合)。また、3年プラン・2年プランと2種類のプランから選べて、3年プランを選ぶことで引っ越しの際の移転工事費が何度でも無料になるというメリットもあります。

さらに、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」を組むことで毎月のスマホ料金が割引になったりと、「auセット割」では月々のビッグローブ光の料金が割引になったりと、auスマホとのセット割引も充実しているためauユーザーにはおすすめの光回線です。

ビッグローブ光の評判は?

では、実際に使っている方の声はどうなのでしょうか?

Twitterへの書き込みは速度に関するものがほとんどでしたが、『速い』と言う人もいれば『遅い』と言う人もいます

速度に関しては環境や時間帯によって異なるために、一概に「速い」「遅い」は言えないのが現実です。ですが、これはビッグローブ光に限らず、他の光コラボにおいても同じです。ビッグローブ光はフレッツ光や他の光コラボと同じNTTの回線を使っていることで、一つのNTT回線を何百社で取り合ってしまい速度が出にくかったりしてしまうのです。。

ビッグローブ光のメリット

先ほどビッグローブ光の主な特長(メリット)を4つ挙げました。

  • 他社よりも月額料金が安い
  • 3年プランは月額料金が安く移転工事費が何度も無料
  • auスマホとのセット割引が組める
  • IPv6接続が可能

他にも様々なメリットがありますが、この4つについて見ていきましょう。

メリット1. 他社よりも月額料金が安い

「料金」を気にするにする方も多いと思いますが、同じNTTの回線を使っているフレッツ光や他の光コラボと比較しても安いです。

  ファミリータイプ マンションタイプ
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,200円 3,800円
so-net光 5,580円 4,480円
@nifty光 5,200円 3,980円
フレッツ光 5,700円+α 3,750円+α

ビッグローブ光には3年プランと2年プランがあり、3年プランの方が安いです。ファミリータイプの場合は4,980円、マンションタイプの場合は3,980円で利用できますし、もちろんプロバイダ料も含まれています

ファミリータイプはこの中では唯一5,000円を切る料金になっていて、一方のマンションタイプはソフトバンク光やauひかりの方が少し安かったりします。ぱっと見はフレッツ光が一番安いように見えますが、フレッツ光はプロバイダが別途契約になるため、月額料金に加えプロバイダ料金(+αの部分)も必要になります

提供エリアも全国で通信速度も1ギガ

先ほども紹介しましたが、ビッグローブ光はフレッツ光と同じNTTの光回線を利用しているサービスなので、提供エリアや通信速度はフレッツ光や他の光コラボと同じです。

  • 提供エリア:全国
  • 通信速度:最大1ギガ

NURO光やauひかりでは最大10ギガのサービスも提供されていますが、この2つはNTTの回線を使っていない独自回線になります。よって、光コラボではありません。

独自回線のため、最大10ギガなどの独自サービスが提供できるといったメリットはある一方、全国に展開しているNTT回線ではないため提供エリアが狭いといったデメリットがあるのです。

実際に、NURO光は北海道、関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)、東海(愛知・静岡・岐阜・三重)、近畿(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)、九州(福岡・佐賀)地方地域でしか使えません。また、auひかりは東海(静岡・岐阜・愛知・三重)、中部(長野)、近畿(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)のホーム(戸建て)タイプでは提供されていません。

その点、ビッグローブ光はNTT回線を使っているため全国で利用できますので、転勤や引っ越しとなっても安心して継続利用できます。

メリット2. 3年プランは月額料金が安く移転工事費が何度も無料

ビッグローブ光には3年プランと2年プランがありますが、料金や特徴を簡単に比較すると以下のようになります。

3年プラン 2年プラン
ファミリー マンション ファミリー マンション
月額料金 4,980円 3,980円 5,180円 4,080円
契約期間・解約金 3年(20,000円) 2年(18,000円)
初期工事費 30,000円
(750円×40回)


実質無料
27,000円
(675円×40回)


実質無料
18,000円
(3,000円+500円×30回)


実質3,000円
15,000円
(3,000円+400円×30回)


実質3,000円
移転工事費 何度でも無料 自己負担

月額料金は、ファミリータイプは200円、マンションタイプは100円、3年プランの方が安くなっています。

また、インターネットを申し込む際には基本的には初期工事(開通工事)が必要になり、その工事にかかる費用も異なります。ただし、どちらともキャンペーンによって割引され、3年プランの場合は最大30,000円の工事費が実質無料になり、2年プランの場合は実質3,000円まで割引されます。

この工事費が割引されるのは、申し込む我々としては嬉しい限りですよね。額も額ですから(^^ゞ

ですが、注意しておかなければいけない重大点が1つあります。それは、工事費が割引されている期間中に解約してしまうと、解約金とは別に、その時点で残っている工事費を一括請求されてしまうのです。ですので、例えばファミリータイプを3年プランで申し込んだ方が2年で解約してしまった場合、解約金の30,000円とは別に、750円×16回=12,000円が工事費の残債として請求されるのです。

これだけ聞くと『3年プランはリスクが高い…』と思ってしまいますよね?

しかし、3年プランは月額料金が安いだけでなく、引っ越し時の移転工事費が何度でも無料になるという特典もあります。通常は数千~数万円の移転工事費がかかりますが、3年プランで申し込めば何度でも無料になるので、先々引っ越しを予定されている方や転勤族の方でも安心して申し込めます。

メリット3. auスマホとのセット割引が組める

冒頭でもお伝えしましたが、ドコモ・ソフトバンク・auといった携帯大手3キャリアが光回線と自社スマホとのセット割引を行っているため、現在はご自身が使っているスマホのキャリアをベースに光回線を選ぶ方も増えてきました。

実際に、ビッグローブ光でもauスマホとのセット割引「auスマートバリュー」「auセット割」が組めます。

この2つの割引サービスを比べるとこのようになります。

auスマートバリュー auセット割
割引額 500~2,000円 500円または1,200円
割引対象 auスマホ・ケータイの月額料金 ビッグローブ光の月額料金
割引数 家族のauスマホも含め最大10回線まで割引 ビッグローブ光1契約のみ割引
適用条件 ビッグローブ光電話(500円/月)への加入が必要
対象のau料金プランを利用している
対象のau料金プランを利用している
割引年数 3年目以降に割引額が下がるプランもある 割引額は永年同じ

auスマートバリューは月々のスマホ料金が500~2,000円割引

「auスマートバリュー」の特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 割引対象はauスマホ
  • 割引額は500~2,000円と料金プランによって異なる
  • 最大10回線まで割引が可能
  • ビッグローブ光電話の契約が必要

auスマートバリューによって月々のスマホ料金が500~2,000円割引されますが、割引額は使っているauの料金プランによって異なります。

新規受付中のプラン
プラン名  割引額/月
新auピタットプランN
※1GBまでは割引対象外
500円
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
タブレットプラン20
1,000円
auピタットプランN(s)
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GBまで 500円
2GB超~20GB 1,000円
カケホ(3Gケータイ・データ付) 934円
新規受付を終了したプラン
プラン名  割引額/月
新auピタットプラン
※1GBまでは割引対象外
500円
auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
※(シンプル)の場合、1GBまでは割引対象外。
2GBまで 500円
2GB超~20GB 1,000円
データ定額1(ケータイ)
データ定額1/1cp
934円
(3年目以降は500円)
データ定額2/3(ケータイ)
データ定額2/3/3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円
U18データ定額20 1,410円
データ定額5/8/20/5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
1,410円
(3年目以降は934円)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
2,000円
(3年目以降は934円)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」) 1,000円

2019年10月に料金プランが刷新されたことで新規受付が終了したプランが増えてしまいましたが、以前から使っているプランであっても割引が可能です。また、auスマートバリューでは最大10回線まで適用してくれますし、離れて暮らす家族が50歳以上であればその方も割引対象になります。

プランによっては3年目以降に割引額が減額してしまうものありますが、割引自体は続きます。

ただし、auスマートバリューを組むためにはビッグローブ光電話(500円/月)への加入が必要です。そのため、スマホの割引額が500円の場合は光電話の月額料金と相殺されてしまい、お得感がありません。しかし、割引額が1,000円の場合は500円お得になりますし、最大10回線まで割引可能なので、家族にauユーザーが多い方にはおすすめのセット割引です。

auセット割はビッグローブ光の料金が500円または1,200円割引

「auセット割」の特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 割引対象はビッグローブ光
  • 割引額は500円または1,200円と料金プランによって異なる
  • 割引はビッグローブ光1回線のみ
  • ビッグローブ光電話の契約が不要

auセット割は、auスマートバリューとは反対にビッグローブ光の月額料金が割引されます。

割引額は500円または1,200円となっていて、auスマートバリュー同様にauの料金プランによって割引額が異なります。

新規受付中のプラン
プラン 割引額/月
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auピタットプランN(s)
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
500円
新規受付を終了したプラン
プラン 割引額/月
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
U18データ定額20
U18データ定額20(V)
データ定額5cp
データ定額5cp(V)
LTEフラット
LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,200円
auフラットプラン7プラス
データ定額1/2/3
データ定額1(V)/2(V)/3(V)
auピタットプラン
 ※カケホ/スーパーカケホのみ。シンプルは対象外。
auピタットプラン(V)
 ※カケホ(V)/スーパーカケホ(V)のみ。シンプル(V)は対象外。
auピタットプラン(S)
 ※カケホ/スーパーカケホのみ。
auフラットプラン20/30
auフラットプラン20(V)/30(V)
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン5(学割専用)
データ定額3cp
データ定額3cp(V)
シニアプラン
シニアプラン(V)
ジュニアスマートフォンプラン
ジュニアスマートフォンプラン(V)
LTEフラットcp(1GB)
500円

auセット割も、auスマートバリューと同じく既に新規受付を終了しているプランでも割引してくれます。

割引額は500円か1,200円のどちらかですが、こちらは割引額が減額する心配はありません。auセット割はビッグローブ光1回線のみの割引ですが、ビッグローブ光電話の契約が必要ないので、一人暮らしで固定電話が必要ないという方や家族にauユーザーが少ない方におすすめのセット割引です。

メリット4. 次世代規格「IPv6」通信が可能

「IPv6」とは、次世代の通信規格のことです。

インターネットを利用する際、「IPアドレス」というインターネット上の住所のようなものが必要になります。現在は「IPv4」という一つ前の規格が主流ですが、IPv4では最大で約43億個のアドレスしか作ることができません。

43億個と聞くとかなりの数ですが、インターネットの普及が広がり、現在は生活家電にもネット機能が搭載されるなど、ネットを利用する環境は増加の一途を辿り43億個ではアドレスの数が間に合わなくなってしまったのです。

その結果、「IPアドレスの発行に時間がかかり、インターネットが混雑して遅くなる」という現象が起きているのです。それを防ぐために登場したのが「IPv6」です。IPv6では約340カン(340兆の1兆倍の1兆倍)という無限とも言える数のIPアドレスを作ることができるため、混雑による速度低下も心配ありません。

ビッグローブ光のIPv6オプションサービス

IPv6オプション
月額料金 0円
※機器をレンタルする場合は500円

ビッグローブ光のIPv6オプションは月額料金は無料ですが、接続機器をレンタルする場合は500円の月額料金ががかかります。

しかし、ビッグローブ光電話を契約している場合、光電話対応の機器がIPv6に対応しているためルーターをレンタルする必要はありません。したがって、ビッグローブ光電話の契約でIPv6接続が無料で利用できるというわけです。

IPv6では、夜間など回線が混雑する時間帯でも速度低下を回避できたりしますので、動画配信やオンラインゲームを楽しみたい方にはIPv6オプションの利用がおすすめです。

ビッグローブ光のデメリット

ここまではメリットについて紹介してきましたが、ここからはデメリットについても見てみましょう。

とは言っても、ビッグローブ光全体として見た場合のデメリットは

  • 速度が遅い場合がある

ということです。

先ほどもTwitterの声で紹介しましたが、『遅い』という声はビッグローブ光に限らず光コラボ全般で挙がっています。

すでに説明しているように、ビッグローブ光はフレッツ光や他の光コラボと同じNTTの光回線を使っているため、利用者数の増加に伴って回線を取り合ってしまっている形なのです。よって、光コラボの中でビッグローブ光が特別遅いという訳ではありませんので誤解なく。

3年プラン・2年プランで比べた場合のメリット・デメリット

ちなみに、3年プランと2年プランで比較した場合では「3年プランの方が月額料金が安い」「3年プランの方が解約金が高い」などあり、まとめるとこのようになります。

3年プラン 2年プラン
メリット ・2年プランよりも月額料金が安い
・最大30,000円の初期工事費が実質無料になる
・引っ越し時の移転工事費が何度でも無料になる
・キャンペーン特典が選べる
・3年プランよりも縛り(契約期間)が短い
・3年プランよりも解約金が安い
デメリット ・2年プランよりも縛り(契約期間)が長い
・更新月以外の解約金が20,000円と高い
・3年プランよりも月額料金が高い
・引っ越し時の移転工事費が自己負担
・最大18,000円の初期工事費が無料にならない
・キャンペーン特典が選べない

確かに3年プランの方が縛りが長いため、割引や特典が充実しています。ですが、約束期間が3年と長い分、解約金が高いといったリスクもありますので、申し込む際にはその点に注意しましょう。

ビッグローブ光はどこで申し込むのが一番お得?

最後にビッグローブ光をお得に申し込める窓口を紹介します。

ビッグローブ光は、家電量販店、BIGLOBE公式サイト、代理店サイト、といったところで申し込めますが、先に結論を言ってしまうと代理店サイトから申し込むのが一番お得です。

申し込む窓口で違いってあるの?

申し込む窓口には、キャンペーン内容、キャンペーンの適用条件、キャンペーンの受け取り方など、それぞれ特徴がありますので申し込む際には損をしないように気をつけましょう。

家電量販店

皆さんが目にする機会が一番多いのは、駅とかにある家電量販店だと思います。店頭とかでもキャンペーンなどの宣伝がされていて「お得」なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、家電量販店は一等地に莫大な大きさの店舗を構え、さらには大勢のスタッフを雇っていたりとかなりのコストがかかります。

そのため、多くの有料オプションを付けて売上を伸ばし、BIGLOBEから少しでも多く報奨金を獲得しようと必死です。そのため、『何ヶ月間は無料です』と言っていくつものオプションに加入させられ、気が付けばオプションを外すのを忘れてしまい、『キャンペーンの金額よりも高くついてしまった…』なんてことにもなりかねません。

また、キャッシュバックが現金ではなく、店舗でしか使えないポイントだったりするケースもあります

BIGLOBE公式サイト

次に公式サイトについてですが、「公式」と聞くと安心してしまいますがお得感では代理店サイトより劣ります

確かに安心感はありますが、キャンペーン内容を見てみると、キャッシュバック金額が低額、受け取り方法が複雑、受け取りまでの期間が長いなど、代理店サイトよりも劣ってしまうことが多いです。

BIGLOBEの公式サイトは、実際に手続き自体が1年後ですし、手続きの案内メールもBIGLOBEのメールアドレスに送られてくるため、普段使っているメールアドレスで登録しておかないとそのメールが送られてきたことにさえ気付かず、『キャッシュバックをもらい損ねた…』という最悪の結果にもなってしまいます。

代理店サイト

代理店サイトは、家電量販店のように大きな店舗を持ったり大勢のスタッフを雇う必要がなく、比較的に低コストで運営が行えます。そのため、獲得実績に応じてBIGLOBEからもらえる報奨金をキャッシュバックとして、お客さん(契約者)に還元することができるのです。

中には、『あまり還元しないで会社の利益にしてしまおう』という代理店や、キャッシュバックをもらうための条件や受け取り方法が複雑だったり、もらうまでの期間が長かったりする代理店もあるため、『代理店サイトならどこでも良い』という訳ではありません

NEXTはキャッシュバックも高額で条件や受け取り方法も簡単

ビッグローブ光のオススメ代理店NEXT※NEXTのキャンペーンサイトより

「株式会社NEXT」という代理店サイトは、キャッシュバック金額も高額で、受け取り方法も簡単、受け取りまでも早い、といった特徴があります。

NEXTのキャンペーン概要
キャッシュバック金額(最大) 44,000円
キャッシュバック金額(ネット契約のみ) 35,000円
必須加入オプション なし(あくまでも任意)
手続き方法 ビッグローブ光の申し込み時に、電話で口座情報を伝えるだけ
受け取り時期 開通してから最短2ヶ月後

キャッシュバック金額については、ビッグローブ光の申し込みだけでも35,000円とかなり高額で、ビッグローブ光電話やビッグローブ光テレビも一緒に申し込むと最大9,000円増額してくれます。オプション加入はあくまでも任意なので、『ネットだけで良い』という方でも35,000円もらえます。

手続きも至って簡単で、ビッグローブ光を申し込む際にオペレーターの人に振り込んで欲しい口座情報を伝えるだけで完了です。書類に捺印して郵送したりする手間とかもないので、あとは2ヶ月後に振り込まれてくるのを待つだけです。

代理店によっては、手続きが何ヶ月後の数日間のみ、何日以内にWEB上で登録など、複雑な方法のところもありますのでそういった代理店は正直おすすめしません。皆さんも気をつけてください。

まとめ

ビッグローブ光のサービス内容からキャンペーンについて紹介してしましたがいかがでしたでしょうか?

光回線の種類は多々あり、「一体どれがお得で、自分にはどれが合っているのか?」と迷ってしまう方も多いと思います。

しかし、光コラボのサービス自体は、料金体系を省くとそこまで大きな差がなかったりしますので、『自分はスマホ割引』『自分は安い料金』など、「何を重視したいか?」が明確になればそこまで悩まないものです。

今回ご紹介したビッグローブ光は、他の光回線と比較しても月額料金が安く、auスマホとのセット割引も組めますので、auユーザーにはかなりおすすめできるインターネット回線と言えます。更には工事費が無料になったり高額キャッシュバックがもらえたりと、ビッグローブ光はキャンペーンも充実しています。

『どの光回線が良いのかな?』と悩んでいる方にとって、この記事が少しでも後押しになれたら嬉しいです(^^)/